feBLOG

feyta.exblog.jp ブログトップ

週末更新サボリSP

d0027664_545306.gif
忙しかった・・・わけではないのですけどまあ一応。
ダラダラすごしてたなりにいろいろ感想とか。


(1)今週のですたね「リフレイン」

この番組のスタッフはひょっとしてギャグのつもりでやってるんじゃないだろうか?という
疑念を持ち始めました。それくらい笑えました(笑)

・アスランパート
言い訳ばっかり。まあそれはいいです。弱い部分ってのは人間らしいですから。ただ
「議長の真意に気づいて」だの「やがて世界の全てを殺す」とかの部分はやはり電波と思うですよ。

・キラパート
「なぜAAを攻撃する、なぜエターナルを沈めようとしているの?」
そりゃあ主義主張なく両陣営に対して攻撃を加えてるわけで。

「戦いじゃなく言葉で、話し合いでわかりあえる道を探そうって・・」
まず武装蜂起してから、銃を突きつけた停戦勧告ばっかしてるわけで。

「ラクスやカガリたちは一生懸命未来を切り開こうとしている。
その努力を打ち砕こうとするなんて、許せないじゃない。」
ラクスは隠居しつつ私設軍隊の増強を行っておったわけで。
政略結婚してまで頑張ろうとしたカガリを誘拐したのはキラなわけで。

この週だけ見てたらキラの言葉は正しいように聴こえるわけですが、
これまでの行動を見てる視聴者はツッコみまくってますよ。
あまりの取り繕えなさっぷりにおなかが痛かったです(笑)

要は
「 許 せ な い じ ゃ な い 」
という言葉のとおり、自分達の意に沿わない者が許せなくて戦ってるんですよね。
やはり神にでもなったつもりです彼(笑)
誰か番組中でツッコんでくれたら評価を改めます。DVDも買います。

・エンディングはザク塗り絵コンテスト
受賞作の応募者は6歳から12歳。つまり・・番組ターゲットはあくまでお子様であって、
イイ大人がああやこうや議論するようなもんじゃない、と・・orz


(2)劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」
土曜に見てきました。

アニメ映画として大満足なクオリティで、
TVシリーズのキャラ総登場でファンアピールもバッチリ、
ナチス胎動期と絡めたシナリオのギミックも実に面白い・・・・のですが

良くも悪くも「エルリック兄弟至上主義」な作品でして、そのへん納得できるかどうか。
僕も中盤までは非常に楽しく観れたんですが・・・・(^^;


(3)日曜朝アニメ

・エウレカ(↓)
ちょっとスローで爽快感がない展開になってまいりました。
「若さゆえの過ち」を見せられるのはあまり嬉しくはないです。

・ゾイド(→)
ギャグとシリアスを二転三転する展開は意外じゃなかったけど「まさかやるかw」といった感じ。
これぞふでやすマジックか。フトコロの広い番組です。

・マイメロ(→)
お父さんアクセルフォーム。やはり微妙にファンシーじゃないマイメロ一家(笑)


(4)今週のジャンプ

ナルトはようやく話が動きそう。いちご最終回、唯はシカトか(笑)
太臓は・・・すべるとツライね(汗)。あと切法師のスローっぷりも心配です。


(5)「エミル・クロニクル・オンライン」クローズβテスト開始

始めました。上半身裸のトンガリエミルを見かけたら僕かもです。
最初は「人多すぎて重すぎて遊べねえええ」とか感じてたんですが、
ポリゴンのアウトライン消したり影簡略化したり、キャラ表示数減らすとラクになりました。
[PR]
by feyta | 2005-08-01 23:43 | エトセトラ
line

しゃがみ中ピンチ(゜д゜)


by feyta
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite